手のひらに、大人小説を。 - 無料で小説を読むなら、幻創文庫

キュンとくる恋愛小説から濃密なエロティックロマンスまで。あなたの手のひらに、至福の物語をお届けいたします。

今週の立ち読み

官能小説 献身の舌「献身の舌」 官能小説 | 歴史・時代 無言ダンテ 衰退を見せているとはいえ、華族の流れをくむ間宮家は、小さな町で絶対的な権力を持つ名家だった。
現当主の源三郎は、齢六十を超えたが、威厳に衰えはない。
その源三郎のもとに、ひとりの無垢な少女・律が献上された。
欲の穢れが見られないことからメイドとして源三郎の傍で仕えることになった律は、いつしか主人・源三郎の信頼を得るに至るのだが──
欲と権力が渦巻く間宮家を描く官能群像劇。
ロマンス小説 ひとりエッチ×アルバイト ロマンス小説 | ノンジャンル 織夜 「すっごい稼げるバイトがあるの、見てみない?」
友人から誘われ、半ば強引に連れて来られたのは、大型の車の中だった。
仮面をつけた男が三人いる。その前で、友人はためらいもなく下着を取り去り、自らを慰めはじめた。
驚きながらも、その淫らな姿に釘付けになる。
「やってみる? 濡れちゃってない?」
本番なし、ぶっかけも、おさわりもなし。それは、純粋な「ひとりえっち」を見せるバイトだった──
こんなバイト、いかが?
ボーイズラブ 牙城の慟哭 ボーイズラブ | 歴史・時代 神崎静流 京都は高野川沿いの下宿。
修治は、この下宿の娘・加奈子にほのかな想いを寄せていた。しかし、加奈子は修治の友人・夏目に惹かれているようだった。
夏目は、年頃の娘の気を引くのがうまい。
わずかに嫉妬心を抱きながらも、それならいっそ、加奈子の想いを遂げてやればいいと思う修治だった。
ところが、夏目の心は、修治の思いもよらないところへ向けられていて──
官能小説 Fingersmith:1 車内挿入 官能小説 | 痴漢・屋外 飛白 地方から東京へ移り、都会の人の多さに驚く内気な少女、穂佳。
なかでも、朝の満員電車に目を見張る。
身動きができないほどの混雑。人と人が密着し、小柄ではない穂佳でさえ、乗客の中で押しつぶされる。
そんな中、毎朝穂佳を悩ませたのは痴漢だ。
恐怖と恥ずかしさで、声を上げることもできない。
「少しだけ、我慢すればいいから──」
そうして屈辱に耐える穂佳だったが、その日の痴漢行為は、穂佳の常識を超えてエスカレートするのだった──
未熟な性が開発されていく長編官能シリーズ

最新の作家作品

作家作品をもっと読む

最新の投稿作品

投稿作品をもっと読む

編集部からのお知らせ

■不具合のお知らせ■
[復旧済み]

いつもご愛読ありがとうございます。幻創文庫編集部です。

[2014年9月25日追記]
「お気に入り機能」の不具合について、修正が完了いたしましたのでご報告いたします。
現在、正常にお気に入り項目を削除することができるように復旧しております。
ご利用の皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございませんでした。

お気づきの点、ご不明点がございましたら、編集部までお問い合わせください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

[2014年9月22日]
読者の皆さまより「お気に入り機能」の編集について、不具合のご報告をいただいております。
ご不便をお掛けいたしまして、大変申し訳ございません。

現在、システムの調査を行い、原因究明と改善に向けて調査を進めております。
改善まで今しばらくおまちくださいませ。

【不具合の内容】
「お気に入り」に保存している項目を削除する編集画面において、削除対象を選択後「確認ボタン」または、確認後の「削除ボタン」をクリックすると、ログアウトしてしまう。
再度、ログインして実行しても、同じ現象でログアウトしてしまう。

【報告件数】
現在、3件のご報告をいただいております。

同様の不具合がございましたら、ご利用の機種、削除したい項目を添えて、編集部までお知らせいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
過去のお知らせ

編集部ブログ

外部ブログになります。リンク先は、新しいタブまたはウィンドウで開きます。