官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

官能小説 | 心理・自伝風 | シリーズ - 雪夜 | 早乙女雫

読み切り

雪夜

全12ページ
≪あらすじ≫
 漁を終えて帰ってくると、ポツンと明かりが灯っていた。
 郷愁を誘うような淡い光。赤提灯に、小料理屋『雪夜』の文字。『ゆきよ』と読むのか、『ゆきや』と読むのか分からない。今日あたり、女将に訊いてみよう。
 ここの女将は、いい女だ。
 だが、変わっている。何せ、一年に一度しか店を開けないのだから……!!
この作品を読む