官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

ロマンス小説 | ノンジャンル | 春画 シリーズ - 春画 第七回 代役 | 椿童子

『春画』

春画 第七回 代役

全12ページ
≪あらすじ≫
米蔵と美恵子の「夫婦の振る舞い」に感動した両画伯はやや腑抜けになっていた。岡田、吉光の両マネージャーは代役を立てることを思いついた。

鈴木画伯の代わりはイラストレーターの谷山輝、一方、河合画伯の代役は、指導教授に嫌われ、画壇を追放されていた景山幸一。

モデルは小夜子と決まったが、「前回の埋め合わせはしてよ」と注文をつけてきた。

鈴木画伯は「今回はエース、秘密兵器を用意したよ。」と和夫を紹介したが、小夜子は「こんな気弱な男の子を押し付けて」とプンプン怒っていた。

しかし、支度室で彼のペニスを見た小夜子は「これは代役ではなく、本当のエース」と腰を抜かした。

さて、二人の手合せならぬ、体合わせはどうなったのか・・
続きを読む 連載一覧を見る