官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

ボーイズラブ | ノンジャンル | 月に応じて華に添い。 シリーズ - CLASSIC 1 | 羽邑崇

『月に応じて華に添い。』

CLASSIC 1

全5ページ
≪あらすじ≫
蒼太には、三つの顔がある。

一つは今ここにいる居酒屋蒼海の店主である風祭蒼太。
もう一つは裏家業、殺し屋をしていた始末屋と呼ばれた男。
そして今やこれが一番厄介なのだが、旭と共にやっているロックバンド、キュアノスのギタリスト青也だ。

できれば、蒼海の店主である風祭蒼太と、キュアノスのギタリスト青也は別人としておきたかった。
それは、私生活が騒がしくなるのが嫌だというのもあるし、騒ぎになることで、昔馴染みが思い出さなくてもいい因縁を思い出し、やらなくてもいいお礼参りをしに来るような事態を避けたかったからなのだが……。



※このお話は、前話の「花祀り」との間に、番外シリーズ「桜事変」エピソード10本、全63話を挟んでいます。

桜事変」は、やや趣向を変えて、蒼太が女性化したというシリーズで、その 最終話、桜の恋の続きとなります。

よろしければそちらも併せてご覧ください。
この作品を読む 第一話から読む
連載一覧を見る