官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

官能小説 | レイプ・陵辱 | 義の性取引<全5話> シリーズ - 義の性取引 その4 | 川口青樹

『義の性取引<全5話>』

義の性取引 その4

全6ページ
≪あらすじ≫
 一郎は手を額に当てて、そのぼうっとするような重みを感じていた。
 真上には天井が見えている。

「え、あーっ・・・」

 だが、腕には別の重みを感じており、それも柔らかさと温かをも感じていたのである。

「ううーん・・・ひどい方」
「え、あっ、あのー、ぼくは・・・」
「まあ、覚えてらっしゃらないの」

 か細い首が一郎の腕に乗っかったまま、黒髪がすっかりほどけた細面の顔が一郎に向けられた。
 確かにその顔は今日初めて訪ねた女性のものだった・・・
この作品を読む 第一話から読む