官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

ロマンス小説 | 純愛・ラブストーリー | 恋とレシーブと シリーズ - 恋とレシーブと(4話) | 古葉レイ

『恋とレシーブと』

恋とレシーブと(4話)

全7ページ
≪あらすじ≫
 青春の1頁。そんな話を贈ります。
 恋に焦がれた彼と彼女の一物語。第四話。
 どうぞご堪能下さいませ。

〇抜粋〇

「ドッチボール作戦は嫌?」

 葉山君の声は緩慢で、私を急かす雰囲気は微塵にもなかった。だから私は、いつもだったら適当にはぐらかしそうな発言を飲み込み、意思を述べた。

「なんか、最初から負ける前提なのは、いや」
「じゃあ勝とうか」

 さらりと、さも当然のように葉山君が告げた。ついさっきまで言っていた言葉の真逆を言われて、全員が固まった。葉山君だけが笑顔だった。

〇〇〇
この作品を読む 第一話から読む