官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

官能小説 | SF・ファンタジー・ホラー | Wウォーリアーズ シリーズ - Wウォーリアーズ 最終回 | 小金井 緑蝶

『Wウォーリアーズ』

Wウォーリアーズ 最終回

全6ページ
≪あらすじ≫
 アガタ女王の機嫌は悪くなる一方でした。
 既に定例の遠征略奪に出かけた二隻が消息を絶っていたのです。
 その頃になって、ある一隻の者がかろうじて非常脱出装置にたどりつき、それが発した救難信号が運よく味方船に拾われたことにより、ようやく事態がわかり始めたのでした。

「陛下」
「そなたは確か」
「はい、アエラの妹のアモラでございます」
「おお、そうか」
「数ならぬ身が、差し出がましゅうとは存じますが」
「何なりと申せ」
「・・・・のようにされては」
この作品を読む 第一話から読む