官能小説やロマンス小説、ボーイズラブの他、文芸小説やラノベも、小説を無料で読む幻創文庫

ボーイズラブ | 学生・学校 | 甘食、カーブ、ホームラン <全6話> シリーズ - 甘食、カーブ、ホームラン(5) | 桜井哉々子

『甘食、カーブ、ホームラン <全6話>』

甘食、カーブ、ホームラン(5)

全3ページ
≪あらすじ≫
 祥太郎は言った。「あしたはもう、ないんです」。その意味を、祐輔は問う。祥太郎は答えた。「僕、河田さんにうそついてました。僕は本当は今の町立四中の生徒じゃなくて――」。
 空襲警報が鳴り始める。驚く祐輔。町は業火と化し、祐輔は祥太郎の姿を見失う…。
この作品を読む 第一話から読む